2018-12-14

ポエム

引きこもってた頃の詩

「狂気の闇夜」 風が吹いた。 何故だろう。底知れぬ不安感。 でも、それがいい。不安ぐらいが丁度。 木々が嘲笑う、鳥が馬鹿にしている。僕を。 自分の意思で選んだ道。周りはみんな敵だ。味方してくれるもの等いない。 全ての...
0