全か無かの思考

僕は考え方が極端だ。

ほとんどの事柄について、ゼロか100か、白か黒かで考えてしまう。

中間のグレーな部分というのが、あんまり居心地が良くない。

高校に不登校になって一番最初にかかった精神科医は、病気の治療にはあまり役に立たなかったが、今となっては参考になることを言っていた。

「宙ぶらりんの状態で良しとする」

それは当時高校を辞めるか辞めないか、の二択でしか考えられなかった僕にとっては、結構斬新な考えだった。

まぁ、結局高校は中退してしまったわけだが…

中途半端な状態は、未だに好きになれない。

好きになれないどころか、嫌悪感しかない。

白か黒かじゃないと気持ちがすっきりしない。

これは完璧主義から来ているというのもあるように思う。

完璧じゃなかったら、ゼロと同じだと考えてしまうのである。

このような極端な思考は、「認知の歪み」と呼ばれる思考パターンの一つ「全か無かの思考(スプリッティング)」と呼ばれている。

簡単に言えば、オール・オア・ナッシング、まぁ、上述のような感じである。

認知の歪みには、他にも「行き過ぎた一般化」や「論理の飛躍」、「~すべき思考」など約10パターンあり、この思考パターンにハマると精神状態が悪化し、病気にも悪影響がある。

まぁ、要は考え方の悪い癖のようなイメージだと捉えればよいと思う。

僕は認知の歪みが結構ある方だと思っているが、カウンセラーによるとそうでもないらしい。

それでも、やはり日常生活で困る程度には、認知の歪みがあるように思う。

前の記事で、「障がい者枠で働くくらいなら、家に引きこもっているのと何も変わらない」みたいなことを書いてしまったが、これも認知の歪みだろう。

自分にとっての理想(完璧)が、クローズで働くであるから、それ以外ならもうゼロと同じだ、と考えてしまっているようだ。

本当は白や黒だけじゃなく、その中間にグレーが広がっているはずなのに、見えていない。

別に100点じゃなくてもいい。

60点くらいで、まぁいいやって思えるくらいユルく考えていきたい。

統合失調症おすすめの本 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキング登録中。クリックが励みになります (*^-^*)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ