いい人よりも悪人になりたい

僕はなんだかんだで多分他人にとって都合のいい人だ。

自分からNOがあまり言えない人種なのである。

それと、相手に嫌われるのが怖くて、相手の意見に反対したり批判したりも直接にはほとんどしない。

あと、自分のことをディスられても、穏便に済むならへらへら笑うだけでとりあえず済ましている。

僕は、気付いたら(都合の良い、あるいは一般的な意味で)いい人として振る舞ってしまう。

だから気疲れするし、しんどい思いを沢山する。

こんなに苦しいのであれば、いっそのこと悪人か人格破綻者にでもなりたいと願ってしまう。

呼吸するように嘘を付ける大嘘付きに。

自分の利益のためには他人を犠牲にしても何とも思わない自分勝手野郎に。

他人を傷つけても良心がチクリとも痛まずに平然としてられるサイコパスに。

他人から憎まれようが陰口叩かれようが、そんなくだらない雑音を無視できるくらい強い悪人になりたいのだ。

そう在ることができたなら、きっと今よりもずっと心が痛まずに済むと思うし、気持ちが楽になると思う。

きっと真面目過ぎて、正しくあろうとするから疲弊するんだ。

正しくなくてもいいんだ。

悪くたっていいじゃないか。

僕は、いい人よりも悪人になりたい。

統合失調症おすすめの本 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキング登録中。クリックが励みになります (*^-^*)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ