焦りとダメ元の精神

僕の日常というか近況らしいことを書く。

最近はとにかく焦っている。

何を焦っているのかというと、やっぱり30歳も目前の男がこんなプラプラしてていいのだろうかとかクローズで就職して働かなければとか、そういう普通でなければならないプレッシャーを感じている。

焦ると精神的にもしんどくなってくる。

去年の今頃は、今よりはるかに忙しく大変だったが何とか乗り切れた。

それはまだ時間があるのだと思えたし、焦りがなかったのも大きいと思う。

今は、去年より負荷はかなり軽いはずなのに、学校行くのすら凄くしんどい。

疲れも溜まっているのであろうが、プレッシャーが主な原因のような気がする。

でも、焦っても仕方がない。

それに病気を抱えているのであるから、普通であるべきプレッシャーなど無視して、自分のペースで進んだ方が精神衛生上いい。

頭ではわかってはいるのであるが、やはりプレッシャーを感じてしまう。

それと、今度こそ努力が報われたい。

そういう強い願望を抱いているから、より強いプレッシャーを感じてしまうということもあるだろう。

努力が全て報われるという考えは幻想だ。

それでも、今度も報われなかったら、僕はこの人生で二度と立ち直れない気がする。

ダメで元々と考えて、成果が出たらラッキーと思えるくらいの楽観的思考ができたらよいと思うのだが、なかなか心に浸透しない。

変に真面目なところが良くないのだろう。

「真面目に不真面目」っていう言葉が『かいけつゾロリ』っていう児童書に確か書いてあったが、不真面目くらいが丁度いい。

この病気をはじめ、精神病は真面目な人が罹患しやすいと感じる。

プレッシャーなんて感じる必要はない。

何々するべきだの義務だの、くそ喰らえの精神で、僕はこれからはもう少し、不真面目に、適当にちゃらんぽらんに生きてみようと思う。

統合失調症おすすめの本 新刊

統合失調症スペクトラムがよくわかる本

かつて治療がむずかしい精神疾患と思われていた統合失調症。近年、治療法が進み、治らない病気ではなくなりました。希望を捨てずに前向きに治療に取り組めるように、薬物療法から社会復帰の方法まで最新情報を盛り込んで解説します。

ブログランキング登録中。クリックが励みになります (*^-^*)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ