生きるって

生きている意味って言う時に、その言葉の指しているものは一般的な生きてる意味っていうよりは、個人的な、自分にとっての生きる意味、生き甲斐のことを指してると思うんです

自分の生き甲斐は何か?

一番分かりやすい生き甲斐を持っているのは、小さい子供がいる母親かなと思います

子供の為にありとあらゆることをしなければならない、逆に言えば子供を育てる役割を与えられている存在ですね

そういう役割があれば人は生き甲斐を見いだしやすいのかなと思います

ただそういう役割がない人たち、僕もそうですが働いてなかったり子供もいないし、結婚してないパートナーがいない

そういう状況下で人は生き甲斐を見いだしにくいと思います

そういうときアウシュビッツ収容所などの極限状況を生き抜いたような記録が参考になりそうだなと思い、夜と霧とか色々買ったのですが、結局あまり読み切れず本棚に飾ってあります

オチが酷いですが、結局ほとんどの人間はそんな大層な生き甲斐持ってなくて、

凄くくだらないことで少し笑えたり、ちょっとした日々の楽しみを見つけたり、何かしら日常のささやかな幸せを感じて日々を過ごしていく、それは生き甲斐とまでは言えないかも知れませんが、生きるってことなのかなと思っております。

コメント